HOME>トピックス>選ぶ際には依頼者側の技術力を考える必要がある

任せられるかは業者次第

デザイン制作

様々な商品のパッケージ印刷を依頼する場合、そのパッケージデザインは依頼者側が用意するか、オプションとして業者に任せるかのどちらかになります。そして前者はほぼ必ず対応していますが、後者は業者のオプション充実度次第なので注意が必要です。

入稿の形式に注意

色見本

依頼者側でパッケージデザインを作成する場合は、デザイン専用のソフト形式が求められ、パソコンに初めから入っているペイントや表作成ソフトでは対応できないことが多いです。それらの条件はあらかじめ提示されているため、そこにもし不明な点が少しでもある場合は、任せてしまった方が無難でしょう。

テンプレートやアプリを利用する

もしパッケージデザインの細かな部分にまでこだわらないのであれば、業者側で用意されているテンプレートを使用するという方法も選べます。また業者の中には、専門的な知識がなくても簡単に利用できるデザインアプリを用意しているところもあります。

満足できる仕上がりのために

納得できるパッケージデザインに仕上げるためには、何度も打ち合わせをする必要があります。しかし連絡を取り合っていると仕上がりまでの期間までが長くなる上に、そもそもやり取りの回数が制限されているところも少なくありません。なのでより仕上がりのイメージを伝えられるところに依頼した方が、全体が効率的に進むでしょう。元となるラフ画をFAXで送信できるのであれば、より伝わりやすいです。

広告募集中