HOME>オススメ情報>ユーザーの事を考え一定の基準が設けられています

おおよその目安を付ける事が出来ます

ノベルティ

魅力的なパッケージを考えているものの、良い案が中々思い浮かばないといった時に利用するのがパッケージデザイン業者です。すぐにでも依頼をしたいという人もいるかもしれませんが、その前に知っておきたいのが費用相場です。パッケージデザイン業界では、以前の慣習を改めて透明性をアピールするため、制作料金基準を定めています。一番高いクリエイティブデザイン料やデザイン料は13万7千円、スケッチは1点ごとに1万6千円等料金設定は、詳細に分けられています。この基準で決められている項目以外にも、そのパッケージを使用した商品の生産量等によっても料金は変動しますので、見積もりは入念に摂るようにしましょう。

素材の違いにも着目する

パッケージデザインを依頼する際に、費用面と同時に気になるのがその種類です。パッケージデザインの違いの一つとして、素材面の違いというものがあります。最も一般的なタイプの一つが、板紙という素材になります。大量生産に適した裏面が灰色のコートボールと呼ばれるものから、裏表両面にコーティングがされているコートカードまで、様々な場面で使用されています。その他、防水や防油機能がある素材や、表面にパール加工がされている高級感があるもの等、用途に応じて様々な素材のものが存在します。

様々な形状から適したものを選ぶ

また、訴求力のあるパッケージデザインには形状にもこだわる事が欠かせません。商品の良さを保つための梱包や重量に耐えられるものかという事はもちろん、客が手に取りやすいか等様々な視点で考える必要があります。そして、理想のデザインを考えても、そのパッケージデザインを実現出来る業者に依頼をしなければ意味がありません。業者の技術力も、これまでの制作事例を参考にする等して、理想を現実のものにしてくれる所に依頼をしましょう。

広告募集中