どのような商品化がひと目で分かる

男女

消費者がひと目見ただけでどのような商品であるかを理解することができることは、パッケージデザインとしてとても重要なことです。どのような商品であるか、またはどこのメーカーであるかがわかりやすく表示されていることで、消費者は安心してその商品を購入することができるのです。逆に、ひと目見ただけではどのような商品であるかを理解しにくいものについては、購入する際に消費者は戸惑いを覚えてしまいます。手にとって購入するかどうかに時間がかかってしまう商品というのは、なかなか売上に繋がりにくいという問題点をはらんでいるのです。そのため、パッケージデザインで重要なことは、消費者がひと目で商品を理解できることにあります。

商品に誇張がないこと

パッケージデザインというのは、消費者に対して正直であることが求められます。商品が消費者に対して不誠実であると判断されることは、パッケージデザインに誇張が見られる場合です。もちろん、高級感を出したりおしゃれなパッケージにしたりすることは、消費を促す上で重要なことではあります。しかしながら、明らかに商品と違うものがパッケージに描かれていたりすると、消費者はその商品に対して不信感をいだきやすくなります。このようなパッケージデザインというのは、一度は消費者に購入してもらうことができますが、次へと繋がりにくいという特徴があります。そのため、パッケージデザインは極力誇張を避け、消費者に誠実であることが大切です。

消費者に与えるインパクト

スーパーの陳列棚には、無数の商品が並べられています。それらは競合する商品であることから、商品を販売する会社は、パッケージデザインを工夫して消費者に与えるインパクトを考える必要があるのです。しかし、これは必ずしもパッケージデザインを派手にすればよいという簡単なものではありません。商品の内容や企業ブランドのイメージに合ったパッケージデザインと合致してはじめて、消費へと結びつくことができるものなのです。例えば、老舗のイメージを大切にしたい企業であれば、それに見合ったパッケージデザインを発注する必要があります。重厚感があって商品に歴史を感じさせるようなデザインであれば、消費者の信頼を獲得するのに適しているかもしれません。他方、子供向けの商品の場合、子供がついつい手に取りなくなるようなポップで明るいデザインが好まれます。このように、パッケージデザインは消費者に与えるインパクトを考える必要があります。

広告募集中